ReverseCAVE: CAVE-based Visualization Methods of Public VR Towards Shareable VR Experience
CHI 2018 Video Showcase 2018
In recent times, many public spaces have virtual reality (VR) games for entertainment (e.g., VR amusement parks). Therefore, VR games should be attractive not only for players but also for bystanders. Current VR systems still focus primarily on enhancing the experience of head mounted display (HMD) users; thus, bystanders without an HMD cannot enjoy the experience to the same extent as HMD users. We propose "ReverseCAVE" towards a shareable VR experience. This is a proof-of-concept prototype for public VR visualization using CAVE-based projection with translucent screens for bystanders. The screen surrounds the HMD user, and the VR environment is projected onto the screens. Bystanders can see the HMD user and VR environment simultaneously, and capture photographs to share with others. Thus, ReverseCAVE can enhance the bystanders' public VR experience considerably and expand the utility of VR.
VRコンテンツが急速に普及しつつある現代において,我々はなんとも奇妙な光景を多くの場所で目にするようになった。それは,黒いVRゴーグルを身に着け,様々な得も言われぬ動きをしている人々の姿である。ほとんどの場合,HMDを装着したVRプレイヤーの体験を,生身の他者が共有することは不可能である。物理的なVR体験を,プレイヤー以外の周囲をも巻き込みつつ,共に体験可能な環境を提供することが重要である。しかしながら未だ,VRは機器装着者のみが得る体験となっており,この「共有の不」「VR体験はHMDを装着している人しか楽しむことができない」という状況こそがVR普及の妨げになっていると考え,これを解決するソリューション「ReverseCAVE」を提案する。空間を覆う半透明スクリーンと多数のプロジェクタ等で構築される “ReverseCAVE” システムは,HMDを装着した人間のみ楽しむことができるVRという体験を,HMDを装着していない他者へ共有可能にするものである。VR空間をフィジカルに現実の空間へと融合させ,ひいては「共有の不」を廃した完全なVRの普及を目指すためのシステムである。

Credits

Director

Cinematographer

Editor

Ippei Suzuki
University of Tsukuba
VR Gamer
Akira Ishii
University of Tsukuba
VR Game Production
Yuichi Hasegawa
VRwaibao Japan
Author
Akira Ishii
University of Tsukuba
Ippei Suzuki
University of Tsukuba
Masaya Tsuruta
University of Tsukuba
Shuta Nakamae
University of Tsukuba
Junichi Suzuki
ISI-Dentsu, Ltd.
Yoichi Ochiai
University of Tsukuba
© 2012–2019 / Ippei Suzuki