Gushed Light Field: Design Method for Aerosol-based Fog Display
SIGGRAPH Asia 2016 Emerging Technologies 2016
We present a new method to render aerial images by aerosol-based fog screens. Conventional fog screens are easily affected by the air flow and their generator occupy large areas. In this study, we propose to add new tradeoffs between limited display time and payloads. We employ aerosol distribution from off-the-shelf spray as a fog screen that can resist the wind, and has high portability. We present some application example; wearable application, multi-viewpoint display, display embedded in the environment, and aerial imaging with drone or radio-controlled model car. This study will contribute to the exploration of new application areas for fog displays and expand expressions of entertainments and interactivity.
冷却スプレー・消臭スプレーに使用されるエアロゾルをフォグスクリーンとして利用し,小型・軽量な空中ディスプレイを実現するプロジェクト。フォグマシンを用いた現行のフォグスクリーンは,サイズの大きな映像を長時間固定して投影するのが主な用途となっており,装置の重量・スクリーン出現/消滅のレスポンス・風耐性については重視されていなかった。そこでエアロゾルスプレーの噴出物をフォグスクリーンとして利用し,投影時間や面積と重量やレスポンスとのトレードオフによって,軽量でレスポンスがよく,風にも強いフォグディスプレイのシステムを実現した。研究では,装置やスプレーの自動噴出システムの設計・ディスプレイの評価実験等を行った。最小構成ではシステムの重さが約600g,スクリーン出現約0.5秒,消滅約0.4秒,画像が投影可能な最大風速は約10m/sである。システムの特徴を活かしたアプリケーションとして,ペイロードが限られているドローンや高速で動くラジコンカーに搭載したり,ウェアラブルにして動く人物のバックに画像を表示したりといったアプリケーションを実装した。2015年10月には,落合陽一✕SEKAI NO OWARI 企画でライブ会場のロビー装飾を行った際,なにもない空中に突如ドクロが現れるという演出で利用した。エンターテイメント領域における空中映像・フォグディスプレイによる表現の拡張を目指す。

Credits

Author
Ippei Suzuki
University of Tsukuba
Shuntarou Yoshimitsu
Waseda University
Keisuke Kawahara
University of Tsukuba
Nobutaka Ito
The University of Tokyo
Atsushi Shinoda
University of Tsukuba
Akira Ishii
University of Tsukuba
Takatoshi Yoshida
The University of Tokyo
Yoichi Ochiai
University of Tsukuba
Actor
Shuntarou Yoshimitsu
Waseda University
Director

Cinematographer

Editor

Ippei Suzuki
University of Tsukuba
Music
ZEDION
Radiance (Instrumental Mix)
© 2012–2019 / Ippei Suzuki